yucchosan’s diary

平日サラリーマン週末バンドマンの日記です

就職活動とは何か

今日は友人から依頼をもらい、母校の大学1, 2年生に社会人生活や就職活動についての話をするセミナーに呼んでもらった。就職活動の細かい話をしてもしょうがないので、自分が学生時代にどういうことを考えていたかとか、わりと観念的な話をした。イチローの小学校の卒業文集の話とか、逆の考え方として、クランボルツ博士の計画的偶発性理論の話とか。

もう一人のスピーカーに、中学からの同期でいまテレビ局で演出家として活躍している友人も呼ばれていたんだけど、その彼がすごく良いことを言っていたのでここにメモをする。

・就職活動とは、「自分が人に何をしてあげることが好きか」をよく考えること
・「何が好きか」ということを突き詰めて考えても、必ずしも仕事にならないので意味がないことが多い
・「何かをしてあげること」は人を喜ばせることなので仕事になる
・企業研究とかOB訪問とかはしなくていい(これは同意しないけど、上のポイントのほうが明らかに大事なのは間違いない)
・成功する人は、やるかやらないかの場面でやってきた人

本当にいいことたくさん言っていて感動してしまった。自分はもう就職してしまったけど、何をしてあげることが好きか、少し考えてみようと思った。