読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yucchosan’s diary

平日サラリーマン週末バンドマンの日記です

グルーヴとは何か?という話

中学生時代からバンドをやっているので、「グルーヴとは何か?」という話題があがることがしばしばある。素人たちがあれこれ議論をしてもなかなか答えがないなか、前日プロのパーカッショニストにそのお話を聞くことができた。

いわく、「グルーヴとは、ひとことで言えば体の動きである」とわりとシンプルな答えをもらった。どういうことかというと、演奏をしている人たちの体の動きが、リズムのうねりになり、グルーヴが生まれるとのこと。例えば、ブラジルのサンバでいえば、16分音符の刻みがずっと鳴っているが、それが均等な16分ではなくて、均等な16分と、3連符の間のようなタッタラッタタッタラッタというような刻みになる。これで独特のグルーヴが生まれるそうだ。たしかに動画で見てみると、みんな歩調があっている。手では細かく16分で刻んでいても、足はスルドと呼ばれる大太鼓の低音に合わせてゆったり2ビートを取っている。

この話を聞いてから、バンドでもお互いの体の揺らしかたを気にするようになった。

人生を変える出会い(をしたという人の話)

昨日は鎌倉でライブをした。あつしの友人たちと終わってから食事をして、その時に聞いた話がおもしろかったのでメモ。

Rちゃんは高校を卒業し6年ほど大阪の大手旅行代理店で働いていた。なんとなく25歳で結婚するだろうと思っていたが、気づいたら相手がいなかった。そうなると、自分の人生このままでいいのかというモヤモヤした思いが生まれ、会社を辞め半年かけて世界一周することになった。最後の国となったペルー滞在時に、いざ帰国するとなったとき、いろいろな場所に行きいろいろなものを見たけど、自分が全く成長していない、変わっていないということに気づき、このままでは日本に帰れないと思った。そこで滞在を延長し、日本料理屋で働いていたところ、日本人の双子にであった。その双子は「見える」人たちで、相手の本当にやりたいことや本当に好きだった、けど今は何らかの事情で忘れてしまっている想いとか気持ちを会話の中から見つけ出すことができる人たちだった。その会話を通して、自分が本当にやりたいこと(世界中から人が集まって交流する場にいたい=ゲストハウスを作る)を見つけることができ、帰国することになった。帰国してからも、いろんな人に出会いたいという素直な気持ちに従い、実家のある大阪から東京に出てきて、暮らすこととなった。修行のためにゲストハウスを探す中で、鎌倉にいいゲストハウスを見つけたのでそこで働くことになった。それでは飽き足らず、いろいろな人と出会うためにバイトを四間掛け持ちし、鎌倉のホテルや東京の居酒屋などで働いた。資金が溜まってきたので実家も近く観光地でもある京都にゲストハウスを作ろうと思い物件を探したが、いいものが見つからなかった。なので今は鎌倉で働きながらいい物件候補を探している。

本当に自由に自分がやりたいことを追い求めていて、自分の身近にあまりそういう人がいないのでとてもいいなと純粋に思った。その双子、本も出しているというのでその場で即Kindleでダウンロードし、今読んでいる。読み終わったらまた感想をアップする。

就職活動とは何か

今日は友人から依頼をもらい、母校の大学1, 2年生に社会人生活や就職活動についての話をするセミナーに呼んでもらった。就職活動の細かい話をしてもしょうがないので、自分が学生時代にどういうことを考えていたかとか、わりと観念的な話をした。イチローの小学校の卒業文集の話とか、逆の考え方として、クランボルツ博士の計画的偶発性理論の話とか。

もう一人のスピーカーに、中学からの同期でいまテレビ局で演出家として活躍している友人も呼ばれていたんだけど、その彼がすごく良いことを言っていたのでここにメモをする。

・就職活動とは、「自分が人に何をしてあげることが好きか」をよく考えること
・「何が好きか」ということを突き詰めて考えても、必ずしも仕事にならないので意味がないことが多い
・「何かをしてあげること」は人を喜ばせることなので仕事になる
・企業研究とかOB訪問とかはしなくていい(これは同意しないけど、上のポイントのほうが明らかに大事なのは間違いない)
・成功する人は、やるかやらないかの場面でやってきた人

本当にいいことたくさん言っていて感動してしまった。自分はもう就職してしまったけど、何をしてあげることが好きか、少し考えてみようと思った。

おばあちゃんの味のバックアップをとる

デイリーポータルZに「おふくろの味のバックアップをとる」という記事があった。
これを読んで、おふくろよりも先におばあちゃんの味が優先だ、と考えた。自分の場合幸いまだ祖母が健在だが、バックアップを取るために残された時間はおふくろより少ないからだ。

祖母は料理がうまい。いわゆるおばあちゃんっぽい和食よりも、洋風の料理がうまい。特にビーフシチューがおいしいので、今回は事前にお願いし一緒に作りながら教えてもらうことになった。以下材料と作り方。

■材料(6人前くらい、おおよそ)
牛肉(シチュー用の厚いもの、脂身がついている方がおいしい) 400g
オリーブオイル 大さじ5
バター50g
赤ワイン 200ml
水 2l
人参 2本
玉ねぎ 大1個
じゃがいも 大4個
マッシュルーム 1パック
セロリ 1本
コンソメ 2キューブ(20gくらい?)
ローリエ 2,3枚
トマト缶 1缶
ビーフシチュールウ 1パック
小麦粉 大さじ4
砂糖 大さじ2
ケチャップ 大さじ2
醤油 大さじ1
塩胡椒 少々
生クリーム(なくてもいい) 小さじ1

■作り方
(前日の仕込み)
1.牛肉を赤ワインに漬け、冷蔵庫で1時間程度寝かせる
2.水と食べやすい大きさに切った野菜(ブロッコリー以外)を入れ、火にかけ、沸騰したらアクを取り、弱火にし、コンソメを入れる
f:id:yucchosan:20161016161345j:image
3.牛肉の表面に小麦粉をまぶし、オリーブオイルで表面に焦げ目をつける

f:id:yucchosan:20161016161310j:image
4.肉に焦げ目がついたら、鍋に入れる

f:id:yucchosan:20161016161422j:image
5.肉を焼いたフライパンを弱火にし、肉にまぶした残りの小麦粉とバターを入れ、よく混ぜる
6.砂糖を入れ、茶色くなるまで(5〜10分くらい)よく混ぜる

f:id:yucchosan:20161016161445j:image
7.茶色くなったら鍋のスープをお玉で少しずつ入れながら小麦粉と砂糖を溶かしていく
8.ダマがなくなったら鍋に戻す

f:id:yucchosan:20161016161502j:image
9.トマト缶とルウを入れてよく混ぜる
10.時間が許す限り弱火で煮るか、スロークッカーに入れる

(食べる前の仕上げ)
11.味を見てケチャップ、醤油、塩コショウで味を整える

f:id:yucchosan:20161016161529j:image
12.ブロッコリーを塩茹でする
13.皿に盛り、ブロッコリーを盛り付ける
14.コクが欲しければ生クリームを少し垂らして完成(カリフラワーとサヤエンドウは省略しました)

f:id:yucchosan:20161016161543j:image

思っていたより手を込めて作ってくれていたことがわかり、改めて祖母に感謝した。祖母もすごく張り切って教えてくれ、楽しそうだったのでよかったと思う。おばあちゃんありがとう!

f:id:yucchosan:20161016161704j:image

海外出張に持っていく物リスト

基本的にはパスポート、航空券、クレジットカード、少しの現金、PCがあればなんとかなるとは思うけど、まあスーツとかもないと困る(去年オランダに行ったときスーツを預けたらロストして、私服で商談したことがある。みんなしょうがないですよねみたいな感じだったけど恥ずかしかった)。毎回なにか忘れてないだろうかと心配になりながら荷造りするのは嫌なので、この際書き出すことにした。

■海外に行くにあたって必須のもの
パスポート(期限が半年以下の場合は止められることもあるらしいので要確認)
ビザ(いらない場合も多い、要確認)
航空券
クレジットカード(VISA, MASTERあたりがどこの国でも一番使えるのでしょうか?JCBは使えないところが多い)
少しの現金(国によるけど2,3万円もあれば十分)

■あると便利なもの
ポータブルwi-fi(空港で海外用のを借りる。変換タップがあるとわざわざ買わなくていいので便利)
スマートフォン(主にレストラン探しと地図として)
充電器(直接コンセントに挿すタイプよりもUSBタイプの方がいい。飛行機が古くなければ座席にUSBの挿し口があって充電できる)

■服
パンツ
シャツ
ズボン
靴下
ウィンドブレーカーかレインコート

■生活用品
歯磨きセット(欧州のホテルは置いてない場合が多い)
デオドラント

■仕事に必要なもの
PC(カードリーダー、IDカード、充電器も忘れずに)
旅程表(スケジュール表と連絡網を兼ねたもの)
スーツ上下
ベルト
ネクタイ
革靴
名刺入れ
お土産

■飛行機の中であると嬉しいもの
マスク
耳栓
ビーサンかスリッパ
スエットパンツ

こんなとこかな?思い出したらまた書きます。次は空港ですること

・両替(入り口の両側にあるところは混んでるし、銀行は紙に金額とか名前とか記入しなきゃいけないので少し離れたところにあるTravelexが自分は好き。もしかしたら少しレート悪いのかもしれないけどとにかく早い)
wi-fiを借りる(在庫がないこともあるのでネットで予約すべし)
・現地で会う人へのお土産を買う(今回は辻利の抹茶ラングドシャを買った)
・お土産を買ってスーツケースに入れてからチェックイン(したほうが楽)

あとその他学んだことです。

・外国人に和菓子はあまり人気がない。せんべいとかおかきは全然だめで、せいぜいひよこくらい。抹茶のキットカットが安くて人気があったけど、暑いところに行く場合は溶けるから注意。
・日本人駐在員は日本人が多いところの場合なんでも手に入るので難しいけど、そうじゃないところはカレールウとか、出汁の素とか喜ばれるそうです(単身赴任の場合はインスタント味噌汁とか、インスタントラーメン)。
・空港ま迎えが来ない場合はホテルまでの行き方を事前に調べておく(意外と忘れててついてから慌てることがあった)


f:id:yucchosan:20151122104216j:image
以上です!

霜降りステーキはもう卒業だ

先週の日曜日、品川の食肉市場でお祭りをやっていたので、友人たちと行ってきた。何故か山形県推しで(協賛だったのかも)山形の料理がたくさん並んでいた。関係ないカレーのワゴンとかもあった。色んな肉屋さん(卸っぽかった)のブースで肉を買えるところがたぶんメインだったのだが、普段冷蔵車の搬入口にスロープが掛かって入り口になってたのが普段物流関係の仕事をしている自分からしたらおもしろく見えた。

友人の用事の関係で遅い時間に行ったこともあり、結構売り切れていて、かろうじてサーロインの大きい塊を入手できた。帰宅してから焼いて食べたのだが、やはりお店で食べるとサーロインは薄く、フィレは厚く切ってあるあの切り方には人類の肉に対する知見が詰まっているのだなと感じた。要するに、サーロインを厚切りにすると脂っこすぎて結構きついのである。おいしかったけど。四人で750gくらい食べて、最後の方はつらかった。もうアラサーだし、ステーキならフィレだなと思った瞬間でした。サシがすごい肉も独特のおいしさあるけど、すき焼きなんだろうな、正解は。

f:id:yucchosan:20151027001026j:image
断面をまじまじと見るとサーロインでも表情が違っておもしろい

なんば走りについて

昔の日本人がやっていたとされる走り方で、体をひねらず、重心が低く上下の動きも少ないので、体力を消耗しにくいのが特徴らしい。江戸時代の飛脚なんかは一日で数百キロも走ったという。古武術の伝承とか書籍で伝わっているんだろうけど、写真や動画がないので実際のところはわからない。

昨日は何も予定がなく、起きたらお昼を回っていて、このまま家でダラダラしていたら夜眠れないだろうなと思い、走ることにした。はじめはいわゆる普通っぽい走り方をしていたものの途中から飽きてきて、昔本かなんかで読んだなんば走りをやってみることにした。最初に書いたとおり本物のなんば走りを見たことがないので自分の中のなんば走りのイメージして、①腕を振らない②上体をひねらない③頭の位置をなるべく上下させないの三点を意識して走ってみた。少し走ってみると、使う筋肉が普通の走り方とだいぶ違うことに気づいた。まず太ももの裏の筋肉ではなく、付け根から膝にかけての前側の筋肉を使って膝から下を前に運ぶことを強く意識する走り方になった。太ももの裏側は地面を蹴るというより足が着地した時にゆっくり衝撃を吸収するために使うイメージ。あとは自然と前傾姿勢になるので腹筋と背筋をより意識する必要があった。

タイムとか距離を測っていないので定量的な話が一切できないのだが、今日普段使わないところが筋肉痛になっていてちょっと嬉しくなって書いてしまった。また、一切陸上経験がないくせにこんな日記をブログに書いてしまい申し訳ありませんでした。

f:id:yucchosan:20151013194836j:image